ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道

ありえないような未来像にこそ
明日の危機とチャンスが潜んでいる

PwCコンサルティング
【第4回】 2018年8月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

未来シーン発案のポイント

 未来シーンの発案は、未来を創造する取り組みにおいて必要性が高いタスクであり、考え方や手法を提示した書籍などは世の中に多く出回っている。本記事では、筆者らが部品メーカーの未来シーン発案を実際に行った経験から、おさえておくべき3つのポイントを述べる。

未来創造ディスカッションのイメージ

ポイント1「動画にできるレベルまで具体的に描くこと」

 未来シーンを描く手段として文章が用いられる比率は高い。しかし、文章は、「AIが発達し、人の仕事が減る」「自動運転が実現され、車での移動時間にできることが増える」といった抽象度の高い表現も可能である点に注意が必要である。なぜなら、表現の抽象度が高いと、未来の世界で自社が提供できる価値を見極めることや、未来を創るために貢献できることを見極めることが難しくなるためである。

 一方で、動画にしようとすると、「誰の、どのような仕事が、どのようなAIによって置き換えられるのか」「どのような自動運転車の中で、誰が、どのようなことをやるのか」といったように具体化することになる。そのため、未来シーンを動画にできるレベルの文章で書き起こすことをひとつの指針とするとよい。

 このことが部品メーカーにとってポイントとなる理由を述べる。部品メーカーが未来創造を行う際、必ずしも部品に携わらなければならないわけではないが、何かを実現しようとした際の、ある要素を担うことが強みとなる可能性が高いため、あまり抽象度の高い未来シーンを発案しても、価値提供できる案を見出すことが難しいことが多い。そのため、「動画にできるレベルまで描くこと」がポイントのひとつとなる。

次のページ>> 未来シーンの作り方
previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道

日本のモノづくりを支えてきた部品メーカーが、デジタル大変革時代に岐路に立たされている。これまでの製品メーカーからの発注を待つ受け身の姿勢を変え、自ら未来を想像する発想の転換と実行態勢の構築が求められるが、具体的な方法論が見いだせない。この状況を打破するためのヒントを提供する。

「デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道」

⇒バックナンバー一覧