チケットの価格と当日券の販売方法は見直すべき

 甲子園球場のキャパシティを考えれば、チケットの供給を劇的に増やすことは不可能だ。需要と供給のバランスを改善する方法は、単純に値上げしかない。ファンのために値段を安く設定した結果が徹夜という苦行になるのは皮肉な話で、明らかにデメリットが大きい。「徹夜して並んで500円」と「並ばず買えて3000円」なら、行列マニア以外は後者を選択するだろう。中央特別指定席も現行の2800円は明らかに“安すぎ”と言わざるを得ず、最低でも5000円まで値段を引き上げるべきだ。

 新聞やテレビニュースの取り上げ方やSNSの反応を見ても、夏の甲子園はプロ野球以上に需要が大きい。利益を目的としない「志」は理解するが、転売業者を儲けさせるなら、適切なチケット価格を設定して高野連が稼ぐべきだ。利益はプレー環境の整備などの形で、球児に還元すればいい。

 もう一つの改善点は当日券の販売方法だ。内野の特別自由席、アルプス席、外野席をそれぞれ別の窓口で売るため混乱が起こっている。「特別自由席が売り切れたから、代わりに外野席を買おう」と思っても、外野席にはもう別の大行列ができていて間に合わない。会計や券面の管理が煩雑になるというデメリットはあるが、一つのカウンターで複数の席種を売れるようにすればファンの徒労が減る。

 中央特別指定席の「死に券」についても、例えば最終試合は自由席扱いにして、追加販売をすればいい。既に指定席として座っている人は、そのまま座り続けることができる。しかし客が帰って空いているなら、その席をリサイクルするべきだろう。

「どんな販売方法でもメリットとデメリットがある」という現実は受け止める必要がある。またファンのニーズが全てではなく、主催者や球場職員、警備関係者の負担増加も避けなければならない。しかし「最大多数の最大幸福」を実現するための、現実的な改善案はあるはずだ。高野連はコミュニケーションや実態の観察を通してファンのニーズを探るべきだし、チケット販売の専門家から知恵も借りるべきだ。

大島和人
1976年に神奈川県で出生。早稲田大在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社、調査会社などの勤務を経たものの、2010年からスポーツの世界に戻り、ライター活動を開始。バスケやサッカー、野球、ラグビーなどの現場に足を運び、取材は年300試合を超える。

(本記事はVICTORYの提供記事です)