無駄な時間とコストをカット!
スタンディングなら「眠くならない」

 着席型の会議の場合、資料を配布してそれぞれが目を通す…という形が一般的だろう。だが、このやり方だと、どうしても集中力にバラつきが出てしまい、各自が意識する内容もまちまち、全員が真剣に資料を見続けられるとは限らない。業務が立て込んでいるメンバーがいた場合、会議そっちのけで別のことを考えていることも多いはずだ。

金田博之(かねだ・ひろゆき)/1975年山口県下関市生まれ。大学卒業後、グローバルに展開する外資系大手ソフトウェア企業SAPに入社。以来、入社1年目で社長賞受賞、29歳で副社長補佐、30歳で部長に着任、35歳で本部長に昇格。世界全社10万人のなかのハイパフォーマンス(上位2%) を挙げた人物に7年連続で選抜される。2007年、INSEAD大学でエグゼクティブMBAを卒業。現在は、日本の大手製造企業でグローバル新規事業を推進。勉強会を定期的に開催し、参加者は累計1000人を超える。現役のサラリーマンでありながら、これまで8冊の書籍を出版。プレジデント、ダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスアソシエなど各種メディア掲載実績多数。オフィシャルメルマガは2017年にまぐまぐ大賞を受賞。 メルマガ:金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道

 ところが、どれだけ忙しい職場であっても、スタンディングにしたうえで、ホワイトボードを用意するだけで、会議への姿勢が大きく変わってくるのだという。

「ホワイトボードやPCがあれば、資料をプリントアウトして全員に渡すという手間も省けます。資料をみんなで確認するよりも、その場で出た会話をどんどんホワイトボードに書いていくほうが、ずっと人の記憶に定着するんです。私の場合は、図や絵もどんどん使うようにしています」

 これなら、指示を出す側の準備も少なくて済むため、時間もコストもカットできることになる。また、全員が集中できるので、ダラダラと時間を浪費せずに済むというメリットもある。議論が済んだら、さっさと会議を切り上げてもよい。組織の生産性も向上するわけだ。残業の削減効果も期待できる。

 スタンディング・ミーティングに様々な利点があることはわかったが、それ以上に金田氏が推す理由があるという。

「一番はやはり、眠くならないことです。会議が嫌い、苦手という人に理由を聞くと、断トツで多いのが『眠くなる』という回答です。人が複数集まると、どうしても無駄な会話が生まれてしまうもの。眠くなるのは仕方がありません。それをスタンディングにするだけで、全員が『早く終わろう』という気持ちになるので、無駄がなくなる。眠くなる暇も与えなくなります」

 もちろん、内容によっては着席型を余儀なくされる会議もあるだろう。ただ、特別な理由がないのなら、思い切ってスタンディング・ミーティングを取り入れるべき、と金田氏は力説する。限られた時間をフルに活かすためにも、朝イチのスタンディング・ミーティングを習慣化してみてはどうだろうか。