ブエノスアイレスの金融街8月28日、アルゼンチン通貨の動きは金融市場の混乱が当分終わらないことを示している。写真はブエノスアイレスの金融街で2015年撮影(2018年 ロイター/Marcos Brindicci)

[ブエノスアイレス 28日 ロイター] - アルゼンチンは昨年景気が改善し、市場寄りとされるマクリ大統領率いる連立与党が昨年10月の議会選で勝利して、今年初めの時点でエコノミストは明るい見通しを描いていた。しかしペソ相場の動きはアルゼンチン金融市場の混乱が当分終わらないことを示している。

 以下5つの指標からアルゼンチンの経済危機を読み解く。

 ●ペソ/ドル直物相場

 エコノミストは以前からアルゼンチンペソは過大評価されていると主張しており、アルゼンチン政府もペソは年間を通じて徐々に下落すると見込んでいた。しかし政府のインフレ抑制達成を疑問視する見方や米連邦準備理事会(FRB)の利上げを背景に、ペソの対ドル相場は4月以降、誰も予想していなかったペースで下落した。

 アルゼンチンはペソ安でドル建て債務の返済コストが膨らみ、国際通貨基金(IMF)から500億ドルの融資を受けることになった。

 ●前年比物価上昇率

 高インフレはアルゼンチンが他の新興市場国に比べて投資家のリスク回避志向の影響を受けやすい要因の1つ。大衆迎合的な政府が何年にもわたり財政赤字穴埋めのため紙幣を増発した結果、消費者物価は急上昇した。