ふるさと納税おすすめ特産品情報

2019年度版【ふるさと納税ランキング~りんご編~】
「ふるさと納税」でりんごがもらえる自治体を比較!
コストパフォーマンスが最強の自治体はココだ!

2019年10月16日公開(2019年12月12日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
5

【2014年度版】
そのまま食べても、ジャムやスイーツに加工しても良し!
「ふるさと納税」を活用して旬のりんごをドッサリもらおう!

 旬が到来した「りんご」は、昔からのことわざにも「1日1個のりんごは医者を遠ざける」とあるほど、健康にいい果物ということが知られている。しかし、仮に「りんご」を1日1個食べようとしたら結構な出費になるうえに、スーパーで買っても持ち帰るのが重たくて……。だが、ちょっと待ってほしい。「ふるさと納税」を活用すれば、おいしい「りんご」をお得にどっさり自宅に届けてもらうことが可能なのだ!

「りんご」を特典に用意している自治体は、全国で26カ所ほどある。各自治体も地域のPRになる「ふるさと納税」の特典として「りんご」を用意するくらいだから、もちろん味も甘くておいしいに違いない! もちろん、生の「りんご」をそのまま食べる以外にも、ジャムやアップルパイ、お酒に漬けてりんご酒を作って味わうのもいいだろう。

 しかも、「ふるさと納税」を活用すれば、旬の「りんご」を堪能しながら、上限と条件はあるものの支払う税金が控除されるのだ!

 改めて説明しておくと「ふるさと納税」とは、納税(寄付)した翌年に確定申告をすれば、寄附金控除の適用下限額である2000円を超える部分は、一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が控除の対象となる制度。いくら控除されるかは納税者によって異なるが、例えば控除の対象となる寄付金の上限額が3万円の場合、適用下限額である2000円を引いた額、すなわち2万8000円が控除対象額となるのである。

 つまり、1万円の寄付で「りんご」10kgをもらえる自治体が3カ所あるとすれば、各自治体に1万円ずつ寄付をして計30kgの「りんご」を手に入れたとしても、実質負担額は2000円で済むのだ! これだけあれば「りんご」を1日1個食べたとしても食べきれないかも!?

 そこで今回は「ふるさと納税」の特典で「りんご(りんごジュースやりんごジャムなどの加工品は除外)」がもらえる自治体のお得度をザイ・オンライン編集部が調査し、ランキングを作成! なお、今回は品種に関係なく、「寄付金額に対して、どれだけ多くの「量」をもらえるか」を選定基準にした。

 それではさっそく「『ふるさと納税』の特典でりんごがもらえる自治体のコストパフォーマンスランキング」の上位を発表していこう!

【第1位】1万円の寄付で「サンふじ10kg」!
「東北の青果編」に続いて「山形県天童市」が2冠を達成!!
来年度の「さくらんぼ(佐藤錦)」の募集も開始!

 第1位は「お得な『ふるさと納税』ランキング~東北の青果編~」に続いて、同率1位ながらも2冠を達成した「山形県天童市」。一般的な「りんご」の品種である「ふじ」は、果実に袋をかけて栽培することで鮮やかな紅色になるのに対し、「サンふじ」は袋をかけないで栽培したもの。見た目の美しさは有袋の「ふじ」に劣るものの、袋をかけない「サンふじ」のほうが太陽光を多く浴びるので糖度が高くなるそうだ。残念ながら、通常の「サンふじ」の受付はすでに終了しているが、8月22日に雹(ひょう)が降った際に被害を受けた「りんご」を1万円(実質2000円)の寄付で10kg×2回(合計20kg)送ってくれる超お得な特典を11月末まで募集中!

 また、「山形県天童市」では「さくらんぼ(佐藤錦)」を1万円の寄付で1kgもらえる人気の特典もあるが、すでに平成27年産の「さくらんぼ(佐藤錦)」の受付が始まっている。ほかにも、米や牛肉、お酒なども特典として用意されているので、ぜひ来年度に備えて山形県天童市のサイトをチェックしよう。

【同率1位】5000円の寄付で「ふじ+シナノゴール合計5kg」!
長野県オリジナルの品種“シナノゴールド”が
1万円で10kgももらえる「長野県松川町」!

 同率1位の「長野県松川町」に5000円を寄付するともらえるのは、「ふじ」と「シナノゴールド」の2種類の品種を合計5kg! つまり、1万円を寄付すると10kgももらえる!「シナノゴールド」とは長野県果樹試験場で「ゴールデンデリシャス」と「千秋」の2品種を交配してできた、長野県オリジナルの品種。現在では「りんご」で有名な青森県でも生産されている人気の品種だ。ただ、残念ながらこちらの特典はすでに募集が締め切られているので、来年に備えてチェックしておこう。また、松川町では「りんご狩り入園券4枚」が特典に用意されており、しかも「信州まつかわ温泉『清流苑』入湯券4枚」もセットになっているので、実際に松川町に訪れて自らの手でりんご狩りをし、その後はゆっくり温泉で疲れをとるのもいいかも。

【同率1位】1万円の寄付で「ふじ10kg」!
さまざまなフルーツを「ふるさと納税」の特典に用意する
「茨城県石岡市」もお得で同率1位に!

 「山形県天童市」「長野県松川町」と同じく、1万円で10kgの「りんご」がもらえる「茨城県石岡市」。この自治体には、1万円の寄付で「巨峰4kg」や「ブルーベリー2.5kg」など、フルーツの特典が10種類ほど用意されている。ただ、残念ながら「ふじ10kg」を含め、すでにフルーツの特典のほとんどは募集を締め切っているので、こちらも来年の特典に期待しておこう。しかし、「茨城県石岡市」ではフルーツ以外にも「特別純米筑波3.6リットル」など、コストパフォーマンスに優れた特典が盛り沢山!「ふるさと納税」にチャレンジするのならとにかく一度、石岡市のサイトをチェックしておこう!

【第4位】1万円の寄付で「由仁産りんご9kg」!
わずか1kg差で惜しくも1位は逃したものの、
1万円で9kgの「りんご」がもらえる「北海道由仁町」

 わずか1kg差で惜しくも同率1位を逃して4位になった「北海道由仁町」。しかし、「りんご」のほかにも、1万円の寄付で「じゃがいも5kgと玉ねぎ5kgのセット」や「長芋10kg」、「マンモスメロン2個とマンモスイカ1個のセット」など、フルーツや野菜類の特典のコストパフォーマンスが優れている自治体だ。しかし、由仁町も応募が殺到し、「由仁産りんご」は今年度の募集を締め切ってしまったとのこと。応募が殺到した理由については、後述の由仁町の「ふるさと納税」担当者のコメントをご覧になっていただきたい。

【第5位】1万円以上の寄付で「ふじ8kg」!
ベスト5なかで唯一、西日本からランクインしたのは
「りんご」産地のイメージがない「和歌山県かつらぎ市」

 第5位には「りんご」の産地というイメージがない、西日本の自治体がランクイン。それが「和歌山県かつらぎ町」だ。しかし、実はこの「かつらぎ町」は「フルーツの里かつらぎ」と呼ばれているほど、果樹栽培が盛んにおこなわれているそうで、「ふるさと納税」の特典もフルーツ類が豊富に用意されており、「富有柿7kg」や「みかん10kg」などのフルーツそのものはもちろん、「イチジクのロールケーキとシフォンケーキ」や「あんぽ柿」といったフルーツの加工品も豊富に取り揃えている。すでに「ふじ8kg」も含めて、多くのフルーツは受付を終了しているが、「みかん10kg」「不知火(柑橘類)4kg」「きよみ4kg(柑橘類)」などは受付中。フルーツ好きなら要チェックの自治体の一つだ。

 以上のランキングを振り返ってみると、意外にもりんごで有名な青森県がランクインしていないことがわかる。実はりんごを特典にしている青森県の自治体は「つがる市」と「五所川原市」のたった2カ所しかないのだ。(ザイ・オンライン編集部調べ)

 ちなみに6位は1万円の寄付で「りんご」を5kgもらえる「北海道増毛町」や「群馬県沼田市」などの自治体が同率で並んでいる。つまり、ほとんどの自治体が「1万円以上の寄付でりんご5kg」の特典ということ。この結果を見ても、今回紹介した上位5つの自治体のコストパフォーマンスが優れていることがわかるだろう。特に第1位の「山形県天童市」「長野県松川町」「茨城県石岡市」は、相場の2倍の量がもらえるので、かなりお得な自治体といえる。

 ここで改めて、1位から5位までのランキングをまとめると以下のとおり。

 

 ◆2014年度
  「ふるさと納税」で「りんご」がもらえる自治体のお得度ランキング!
(※2014年11月15日時点)
順位 お得な特産品の商品と量 寄付金の使い道
1位  山形県天童市
1万円→王林、またはサンふじ(どちらか10kg) 将棋のまちの振興/水と緑と景観の保全/天の童(わらべ)の育成/スポーツと文化の振興/地域振興と交流の拡大など
1位  長野県松川町
・1万円→ふじ+シナノゴールド(計10k) 自然環境・農村景観・公園整備事業/子育て・教育・人材育成事業/高齢者の生きがいづくり・公共交通事業など
1位  茨城県石岡市
・1万円→ふじ(10kg) 笑顔と元気あふれる健康づくり(福祉政策)に関する事業/新しい時代を担うひとづくり(教育施策)に関する事業など
4位  北海道由仁町
・1万円→由仁産りんご(9kg、時期により品種は異なる) 未来を築く人材育成コース
/人にやさしいふれあいコース/快適な生活環境づくりコース/魅力あふれるまちおこしコースなど
5位  和歌山県かつらぎ町
・1万円→ふじ(8kg) 環境保全/高齢者福祉の増進/その他福祉の増進/スポーツ・文化活動の推進/過疎・辺地地域の振興/教育の振興など
 ※第6位以降のランキングはコチラ!⇒【2014年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング~りんご編~特産品で「りんご」がもらえる量が多い自治体は?


 もし、この記事を見て「ウチの特典の方がすごいぞ!」という自治体関係者の方や、「こっちのほうがお得だよ」という情報をお持ちの方は、ぜひ下記メールアドレスまで情報をお寄せください。確認の上、追記させていただきます。
◆情報はコチラまで!

 

惜しくも「りんご編」第4位(実質2位)となった
「北海道由仁町」の「ふるさと納税」担当者を直撃!

 「お得な『ふるさと納税』ランキング~東北の青果編~」に続き、「りんご編」でも1位を獲得した「山形県天童市」が大盤振る舞いできる理由は「東北の青果編」を読んでいただくとして、今回はわずか1kgという僅差で第4位になってしまった「北海道由仁町」の「ふるさと納税」担当者、総務まちづくり課の澤田憲且さんに話を聞いた。

 「由仁町では前年度も『ふるさと納税』の特典はご用意してはいたのですが、こちらで農産物や加工品など、その時期に合ったものを選んで送付していたんですが、今年度からは納税者の方が特典を選択できるように変更しました。前年度の『ふるさと納税』の申込件数は18件だったのですが、今年度は優に10倍を超える申し込みをいただいています。『りんご』の特典も人気で、すでに予定数に達したため募集を締め切ってしまったんですよ。というのも、『ダイヤモンドZAi(10月号)』で由仁町をご紹介していただいたんですが、そこから急に応募が殺到しまして。りんご農家さんも驚いていましたね」

 なんと、奇しくもダイヤモンドZAi本誌で由仁町を取り上げたことにより、「りんご」の特典に応募が殺到したという! ただ、これだけ話題になっているのだから、来年度は「りんご」を11kgにして1位を狙うなんてことも!?

「いや、他の自治体さんと競い合うことは考えてないです(笑)。あくまで農家さんとお話をして決められた予算内でりんごの量を決定していますので。でも、量では負けてしまいましたが味では決して負けていないと思います! 農家さんも一生懸命『りんご』を作っていますし、町外の方からの評判もいいんですよ。『ふるさと納税』をきっかけに、由仁町の『りんご』もおいしいんだ!ということを知ってもらい、実際に足を運んでいただければ、と思っております!」

 さらに由仁町では「ふるさと応援隊コース」という特典もあり、特産品の他にも、由仁町内の協賛店で提示することでさまざまなサービスが受けられる隊員証がもらえる。さらに、その隊員証には由仁町の景色がプリントされており、その場所の写真を自分で撮影してメールで送信すると由仁町のオリジナルグッズがもらえるというユニークな趣向で、由仁町観光をしながらちょっとした宝探しのようなゲームを楽しめるようになっている。

 今回紹介した「りんご」を特典にしている自治体では、旬を待たずに早々に応募の予定数に達して募集を締め切っているところがいくつかある。自治体の予想を遥かに上回るほど「ふるさと納税」に対する注目度もアップしているということだろう。もちろん、これは「りんご」だけに限った話ではなく、今年以上に「ふるさと納税」への注目度が上がりそうな来年は、自分が欲しい特典がある自治体には早めに寄付をするように心がけたほうがよさそうだ。

(取材・文/千葉雄樹、昌谷大介[A4studio])

ふるさと納税 お得なランキング【お米編】
ふるさと納税 お得なランキング【鶏肉編】
ふるさと納税 お得なランキング【うなぎ編】
ふるさと納税 お得なランキング【家電編】
ふるさと納税 お得なランキング【ビール編】
ふるさと納税 お得なランキング【みかん編】
ふるさと納税 お得なランキング【牛肉編】
ふるさと納税 お得なランキング【カニ編】
ふるさと納税 お得なランキング【商品券(金券)】
ふるさと納税 お得なランキング【豚編】
ふるさと納税 お得なランキング【ステーキ編】
ふるさと納税おすすめ情報トップページへ
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!

【2019年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!

◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

ふるさと納税なら「ふるなび」!公式サイトはこちら
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ふるさと納税なら「ふるなび」!公式サイトはこちら SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 近江八幡市のふるさと納税はこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報