11月7日、インドのソフトウエア技術者サミー・アラムさん(27)は、同国最大の祭り「ディワリ」シーズンに合わせた今週のセールで、思い切って値段の張るアップルの「iPhone(アイフォーン)」を買うつもりだったが、結局はより安い中国のワンプラス(一加手机)製スマホを選んだ。写真はニューデリーで2016年7月撮影(2018年 ロイター/Adnan Abidi)

[ベンガルール 7日 ロイター] - インドのソフトウエア技術者サミー・アラムさん(27)は、同国最大の祭り「ディワリ」シーズンに合わせた今週のセールで、思い切って値段の張るアップルの「iPhone(アイフォーン)」を買うつもりだったが、結局はより安い中国のワンプラス(一加手机)製スマホを選んだ。

 13億人の消費者がいるインド市場でなんとか販売を伸ばそうとしているアップルにとって、スマホでコンテンツを視聴したり、ネットサーフィンや買い物を楽しむアラムさんのような人こそ、完璧な製品のターゲットだ。

 ところが同国の平均年間所得は約2000ドルにとどまるのに対して、今年発売された新型iPhoneの「XR(テンアール)」の最低価格でも7万6900ルピー(1058ドル)に達する。多くの他社製品と比べれば、値段は2倍になるケースもある。

 香港拠点のカウンターポイント・リサーチによると、その結果としてiPhoneは売れ行きが衰えつつある。販売台数は昨年の300万台から今年は200万台まで減り、年間ベースでは過去4年間で初めてのマイナスになる可能性があるという。