どの部位も上品な味で且つ、旨みがたっぷりだ。もちろん今飲んでいる『天草』との相性はピッタリで、こちらも馬刺しの赤身や脂の旨みにまけない厚みのある味だ。

 普段はどちらかというと、芋焼酎と麦焼酎を飲むことが多いが、やはり、熊本のメシには米焼酎が合っている。

辛子味噌がれんこんにギッシリ詰まった
「辛子れんこん」は米焼酎にピッタリ

熊本土産の定番となっている辛子れんこん。茹でたれんこんに辛子味噌をぎっしりと詰め込んで、衣をつけて揚げている。

 そして、前菜として、もう一品。こちらも熊本の郷土料理として有名な「辛子れんこん」だ。辛子れんこんは、よく茹でたれんこんの穴の部分に、辛子味噌をぎっしりと詰め込んで寝かしたものに、小麦粉に卵黄や、ウコンなどをいれた揚げ衣をつけて、揚げたものである。このお店ではこちらも、もちろんすべて自家製でつくっている。

 そのせいか、辛子味噌がマイルドで旨い。前に熊本で食べた辛子れんこんはもっと鼻にツーンと抜ける風味が特徴的だった記憶もあったが。

 店の人に伺うと、やはり、東京の人の味覚に合わせて、だいぶマイルドにしているが、それでも開店当初から比べるとだいぶ、辛くなってきているということだ。

 2杯目の酒は『天草』から、人吉市の鳥飼酒造の『鳥飼』にスイッチ。吟醸香にも似た香りが強い、他に類がない米焼酎だ。この香りが、また、辛子れんこんにピタっとハマる。

お弁当の定番のつまみ「ちくわサラダ天」
外側はカリッ、中身はトロッの「焼き豚足」

 ひと通り、前菜を食べ終わり、そろそろ温かいつまみが食べたいと、頼んだのが、ちくわサラダ天である。

 ちくわサラダと言ってもちくわを細かく刻んだものがサラダに入っているわけではなく、その逆である。ちくわの輪の中に、ぎゅっとポテトサラダが詰め込まれたものなのだ。それが、揚げられている。

 こんがりと揚げられたちくわと、中にはいっているポテトサラダの甘みが、なんとも言えずに旨い! 揚げたちくわも、ポテトサラダも定番のつまみだが、まさかこの2つが合体するとは……。

ちくわの穴の中に、ポテトサラダがぎっしり詰め込まれて、こんがりと揚げられたちくわサラダ天。ポテトサラダの甘みが印象的。