このちくわサラダだが、熊本県でおなじみの弁当チェーンのヒライが発祥だ。ヒライのサイトにも、「30年以上前に当時から人気のおかずだった、ちくわ天とポテトサラダを合わせた」と書いてあった。

 熊本では、お弁当のおかずとしてだけでなく、長距離輸送の運転手などが手軽に食べられるつまみとしても、定着したそうだ。

 ポテトサラダは、じゃが芋、マヨネーズ、卵に、人参、きゅうりと一般的なものだが、揚げたちくわの中に入っているせいか、甘みが強く感じられて、それがまた旨い。

外側はカリッとサクサクに揚げられて、中はしっとり、ジューシになっている焼き豚足。熊本では豚足の専門店があるほどポピュラー。

 続いての肴は、焼いた豚足である。

 鹿児島や熊本では豚足を食べるのが非常にポピュラーで、また、ゆでたり、蒸したりというよりは、こんがり焼いたり、油で揚げたりして食べるのが一般的だ。熊本では豚足の専門店があるほどだ。

 この店では焼いた豚足を『サクッ!とろ~豚足』という名前でメニューに載せているが、その名の通り、表面はサクッ!と焼き上がり、中身はコラーゲンでトロットロである。話を聞くと、鉄鍋で豚足をじっくりと弱火で時間をかけて焼くだけでなく、カリカリに仕上げるために、複数の工夫を凝らしているということだ。

「うわー、本当にサクっとろ~だなぁ。豚足はやっぱり焼いたのが一番旨いね! このコラーゲンを、米焼酎のロックでさっと流しこむのがたまらんね。よかよか!」

 この迫力のある豚足の味を支えるには、迫力のある焼酎をということで、『武者返し』(人吉市・寿福酒造場)を頼んだ。この銘柄も筆者の好きな銘柄で、球磨焼酎らしい、常圧蒸留ならではの力強さを感じる。以前お会いした名物杜氏の寿福絹子さんの顔を思い出した。