ハウススタジオの様子ハウススタジオの様子(写真と本文は関係ありません)

一見するとどこにでもある一軒家なのだが、その中身はドラマやコマーシャルの撮影などに利用される「ハウススタジオ」。昨今、空き家の増加などを背景に増えているのだが、アダルトビデオの撮影にも使われ、近隣とのトラブルも増加している。その実態を探った。(ダイヤモンド・オンライン編集部 田島靖久)

閑静な住宅街の一軒家から
女性の悲鳴のようなあえぎ声

 都内の閑静な住宅街。立ち並ぶごく普通の一軒家から、度々、平穏を切り裂く悲鳴のような声が聞こえ始めたのは数年前のことだった。その家の裏手に住む女性は言う。

「昔、その家は老夫婦が住んでいたんですが、奥様を亡くされた後、旦那さんは家を賃貸に出して老人ホームに引っ越したんです。それから数ヵ月後、入り口になんとかスタジオって小さな看板が掛けられました。当時は、ヨガとかダンススクールを行うような場所かなと思っていたんですが、それからよく聞こえてくるようになったんです、女性の悲鳴のようなあえぎ声が…」

 女性は眉をひそめ、言いようのない不快感がにじみ出た表情で語った。その一軒家で行われていたのは、女性が想像だにしてなかったアダルトビデオ(以下AV)の撮影だったからだ。

 これまでAVの撮影は、いわゆるラブホテルなどで行われる場合が多かったが、最近、撮影場所として増えているのが「ハウススタジオ」だ。