ニューヨーク証券取引所のトレーダー
12月10日、米企業は来年の業績見通しが急速に悪化している。米株式市場に悲観的なまなざしを向ける投資家にとって、また心配の種が増えた格好だ。写真は7日、ニューヨーク証券取引所のトレーダー(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米企業は来年の業績見通しが急速に悪化している。米株式市場に悲観的なまなざしを向ける投資家にとって、また心配の種が増えた格好だ。

 業績見通し悪化の背景には大規模減税による効果の減衰や米中通商紛争の影響への不安がある。S&P総合500種指数は今年に入って2度の調整を受けたが、増益率の鈍化を十分に反映していないのではないかとの不安が投資家の間で広まっている。

 アナリストによるS&P500種構成企業の来年の増益率予想は8.2%と、2ヵ月前の10.2%から切り下がり、実際にはこの半分以下に落ち込むとの見方が増えている。

 キングスビュー・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は「3─4%程度になりそうだ」と予想。市場はまだ業績見通し悪化を織り込んでいないとした。「予想は下振れするリスクがある。まだ市場は業績ではなく通商の方にこだわっている」という。

 モルガン・スタンレーは前年比増益率が2四半期連続で低下する「穏やかな業績リセッション」に陥る確率は50%と警告した。こうした状況が起きれば2015年第3・四半期から4四半期連続で鈍化して以来となる。