ドル/円の年間値幅が、過去最小の10円未満となる可能性が高まってきた12月13日、ドル/円の年間値幅が、過去最小の10円未満となる可能性が高まってきた。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[東京 13日 ロイター] - ドル/円の年間値幅が、過去最小の10円未満となる可能性が高まってきた。狭いレンジ相場の中で目立ったのが、過去最大級の逆張りをみせた個人投資家の相場巧者ぶり。上値で売り、下値で買うレベルが相場の流れを読み切ったタイミングとなった。ただ、来年は相場を急変させるリスク「灰色のサイ」の存在も警戒されており、逆張り戦略が引き続き有効かは不透明だ。

2強のドルと円

 2018年のドル/円(EBSベース)は、13日時点で年初来の値幅が104.56─114.55円の上下9.99円と、過去最小だった2015年の10.01円を下回っている。年末まで約2週間を残しているが、1970年代に変動相場制が始まって以来、最小値幅更新となる可能性が大きい。

 その最大の理由は、ドルと円が今年最強の2通貨だったことだ。ドル買いと円買いがぶつかり合う形となり、ドル/円という通貨ペアでは動きが小さくなった。

 ドルは、米国の強い経済と利上げによる金利高で、米株や米債などドル資産を求める動きが増加。ドルインデックスは昨年末比で5.3%の上昇と、主要通貨で最も上昇した通貨となった。