VRのパワーは不倫願望も消し去る?写真はイメージです Photo:PIXTA

「VR元年」といわれた2016年から、はや2年。VRは着々と浸透しつつある。今回は、VRで女性と戯れることで、不倫願望から解放された男性の話を紹介する。2018年現在、あなたはどう思うだろうか。(取材・文/フリーライター 武藤弘樹)

消えた不倫願望
VRゴーグルのパワーとは

 不倫願望が強いAさん(38歳)という知り合いがいる。

 願望が強いものの、良心のかしゃくやリスクへの尻込みから結局不倫をしたことはなく、これからもしないであろうと思わせる男性である。しかし会えば「先日知り合いになった誰々がかわいかった」と口を開き、ふた言目には「抱きたい」と身をよじるので、私がひたすら「本当にそうですね」「その通りだ」と相槌(あいづち)を打つ。おおむねAさんと会うとこうしてカウンセリングのような時間を過ごすのが常であった。

 ある日のこと。そのAさんが、彼にとってほぼ挨拶と同義である不倫願望を口にしない日があった。開口一番「VRゴーグルがすごい」と興奮した様子で報告してきたのである。

 その日から約半年が経ったが、経過を観察するにAさんの不倫願望はすっかり鳴りをひそめたようで、代わって「VRゴーグルがすごい」という興奮をぶつけられ、私がひたすら「それはすごい」「大したものだ」と相槌を打つのが“新機軸”となった。

 過ぎし2016年は「VR元年」だったそうだ。

 当時の記事を振り返ると「これからVR(仮想現実)がじゃんじゃん流行りますよ」という業界的な意気込みと見通しが伝わってくる。この年は東京ゲームショウでVR関係の作品が席巻し、また『PlayStation VR』(※以下『PSVR』)が発売となって話題を呼んだ。複数のアミューズメント施設でVRを利用したアトラクションがオープンし、戦うガンダムの手にしがみつく体験ができるものなどがあった。