米カリフォルニア州ソラナビーチの店舗に掲げられた求人のサイン
1月8日、米労働市場は求人件数が失業者数を上回る地域が増えている。米カリフォルニア州ソラナビーチの店舗に掲げられた求人のサイン。2017年7月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン/サンフランシスコ 8日 ロイター] - 米労働市場は求人件数が失業者数を上回る地域が増えている。労働市場のひっ迫で企業は採用方法の見直しを迫られており、米連邦準備理事会(FRB)には世界的に景気が減速する中で利上げ圧力がかかり続ける可能性がある。

 最初に求人件数が失業者数を上回ったのは2017年初めの中西部州だが、ここ数ヵ月はこの流れが他の地域にも波及し、特に南部で顕著となっている。

 求人件数が失業者数を上回る背景には、求人広告がオンラインで簡単に打てるようになったことに加えて、熱心に活動していない求職者を失業者とみなさない集計上の扱いによって労働市場のひっ迫ぶりが誇張されている面もありそうだ。

 ただ、全米各地で求人件数が増加する一方で失業者数は減っており、米労働市場のタイト化は信ぴょう性が増している。

 ムーディーズ・アナリティクスのエコノミスト、ライアン・スウィート氏は「この傾向があと数年続けば、間違いなく労働力不足になる」と述べた。

 労働力の不足は既に一部地域で現実のものとなっている。

 ジョージア州ダルトンの床材メーカー、ショー・インダストリーズの採用責任者、ブライアン・クックセイ氏によると、有能な人材の確保は急速に難しくなっており、同社の技術に関心を持つ学生を早めに確保するため、地元の高校や中学で人材発掘のためのプログラムを展開しているという。

 昨年10月の求人件数は米国全体で710万件に上り、失業者数を約100万人上回った。求人件数と失業者数の差が最も大きいのは中西部の46万3000人。南部は31万7000人、西部は7万7000人、北東部は5万1000人だった。ただ、4地域全体で求人件数が失業者数を上回ったのは昨年7月になってからだ。

 地域ごとの職種別求人件数に関するデータはないが、南部地域での最近の求人件数の急増は、小売り業や建設業など業績の好調なセクターが担っている。

 昨年は米国の製造業製品への需要が強く、これが中西部の雇用創出に寄与したとみられる。ただ今年は世界的な景気鈍化や米中通商紛争が中西部の産業に打撃となりそうだ。

Copyright©2019 Thomson Reuters 無断転載を禁じます