橘玲の世界投資見聞録 2019年1月17日

アメリカのもっとも著名なリベラル知識人が唱える
「テクノロジーのスーパーノバ」時代に対する答えがバカげている
[橘玲の世界投資見聞録]

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

 トーマス・フリードマンはアメリカのジャーナリストで、オックスフォード大学で中東学の修士号を取得したのち、UPI通信やニューヨーク・タイムズの支局員としてベイルートに派遣され、イスラエルのレバノン侵攻やパレスチナ人の抵抗運動インティファーダを取材してピューリッツァー賞を受賞した。2000年以降は市場のグローバル化に関心を移し、日本でも『レクサスとオリーブの木』(草思社)や『フラット化する世界』(日本経済新聞出版社)がベストセラーになった。20年以上にわたってニューヨーク・タイムズのコラムニストとして活躍しており、世界でもっとも著名な言論人の一人だ。

 フリードマンの最新刊『遅刻してくれて、ありがとう』(日本経済新聞出版社)の日本版の副題は「常識が通じない時代の生き方」だが、原書では“An Optimist's Guide to Thriving in the Age of Accelerations Version 2.0”(加速する時代2.0で繁栄する楽観主義者のガイド)となっている。

 アメリカのリベラル派の代表的な論客であるフリードマンは、トランプ大統領を生み出した背景に雇用環境の急速な変化があるとして、いつものような精力的な取材によってその現状と処方箋を探っていく。その結果、どのような結論に至ったのかを今回は見てみたい。

近い将来確実にやってくる“テクノロジー爆発”

『遅刻してくれて、ありがとう』というのはなんとも奇妙なタイトルだが、フリードマンがカフェなどを取材場所に指定したとき、渋滞や電車の遅延などで相手が遅れてくることがときどきあって、恐縮するひとにいつも“Thank you for being late.”と答えているからだという。これは皮肉でもなんでもなく、締切に追われるフリードマンにとって、カフェで所在なく取材相手を待つのは、自分の考えをじっくりまとめることができるきわめて貴重な時間なのだ。

 近年のフリードマンの思索を支配しているのは、「テクノロジーのスーパーノバ」だ。これは集積回路やハードディスクの容量、通信速度など、テクノロジーのパワーが指数関数的に向上していることをいう。

 指数関数的な変化は直感ではうまく理解できないため、インテルのエンジニアたちは、1971年のフォルクスワーゲン・ビートルがムーアの法則と同じ比率で改善されたらどうなるかを試算した。すると、現在のビートルは時速48万2800キロで走り、ガソリン1リットルあたりの走行距離は85万キロで、価格は4セント(約4円40銭)になった。

 この驚異的な性能の向上によって、ビッグデータを機械学習(深層学習)させたAI(人工知能)は人間以上の「知能」を持つようになり、チェス、将棋、囲碁などのチャンピオンや名人を次々と打ち破ってひとびとを驚愕させた。だがこれはまだ「新しい機械の時代(セカンド・マシンエイジ@エリック・ブリニョルフソン+アンドリュー・マカフィー)」の幕開けにすぎず、私たちの気づかないところで常識はずれのとてつもないことが起きている。これが「スーパーノバ(超新星爆発)」だ。

 グーグルの研究開発機関“X”のCEOエリック・テラーは、テクノロジーと人間の関係をかんたんなグラフでフリードマンに説明した。

 テラーによれば、人間には新しい環境に適応する能力があるものの、それは一次関数的にしか向上しない。科学技術の水準が低かった時代なら、それでもまだ新しい知識や機械を直感的に使いこなすことができたが、テクノロジーの性能爆発=スーパーノバによってもはや平均的な人間が理解できる水準を超えてしまった。そして今後、機械たちはさらにとてつもないスピードでその能力を伸ばしていく。

 私たちはいま、テクノロジーの性能が人間の知能を超えた、横軸の目盛りでいうと25か26あたりにいる。そして今後、両者の差はとてつもなく広がっていく。これが“Age of Accelerations Version 2.0”(加速する時代2.0)だ。

 近い将来確実にやってくる“テクノロジー爆発”に対して、私たちはどのように対処すればいいのか。これがフリードマンが、『遅刻してくれて、ありがとう』で自らに課した重い問いだ。

すべての労働者が「生涯教育」によってスキルを高めていかなくてはならない

 「加速する時代2.0」では、テクノロジーの指数関数的な性能の向上を背景に、あらゆることがものすごい勢いで変わっていく。フリードマンはアメリカの大学の研究者やシリコンバレーの起業家・投資家・エンジニアなどを精力的に取材し、私たちが「スーパーノバ」としか形容しようのない科学・技術革命の時代を生きていることを説得力をもって示し、加速する時代では「雇用の完新世は終わった」と結論づけた。

 地質年代においては、最終氷期が終わって農耕が始まった約1万年前から現在に至るまでが完新世で、この時期にヒト(サピエンス)は空前の繁栄を謳歌した。同様に「雇用の完新世」では先進国に“高給で中スキルの仕事”がたくさんあり、ブルーカラーの労働者は自宅近くの工場に真面目に通い、仲間たちと誇りをもって「ものづくり」をし、労働組合に守られながら家族を養っていくことができた。しかしいまや「人新世(アントロポセン)」とも呼ぶべき新しい時代が到来し、雇用環境は劇的に変わっている。

 しかしだからといって、すべての労働者が「機械との競争」で失業するわけではない。そればかりかテクノロジーは逆に、新たな仕事を生み出すかもしれない。

 経済学者のジェームズ・ベッセンはこれを、「ある職種の98%の自動化と100%の自動化では、大きな差がある」と説明する。

 アメリカでも他の国でも馬車用の鞭(バギーホイップ/この言葉そのものに「時代遅れ」の意味がある)を製造して暮らを立てているひとは1人もいない。自動車の登場で鞭職人の仕事が消滅したのと同様に、19世紀に織布にかかわる労働の98%が自動化され、人間の労働は100%から2%に低下した。だがその結果、織工の雇用は逆に大幅に増加したのだ。

 これは、機械化で生産性が大きく向上し、価格が下がって製品への需要が増えたからだ。19世紀初頭には多くのひとびとが服を1着しか持っておらず、それらはすべて手縫いだった。19世紀末にはたいがい数着持っていて、窓にはカーテンがかかり、床には絨毯が敷いてあり、家具は布張りになった。

 同じように、現金の出金がATMに置き換えられても銀行窓口の仕事はなくならないばかりか、出納係の雇用は拡大した。ATMの導入で銀行の支店運営のコストが下がったため、いたるところに支店を展開することが可能になったからだ。

 このように、テクノロジーが市場を覆いつくす人新世でもさまざまな新しい仕事が生まれるだろうが、そこでは「3つのR――読み(リーディング)、書き(ライティング)、算数(アリスメティック)」だけでなく、「4つのC――創造性(クリエイティビティ)、共同作業(コラボレーション)、共同体(コミュニティ)、プログラミング(コーディング)」のスキルが必須になるとフリードマンはいう。

 このとてつもない変化に遅れないようついていくには、すべての労働者が「生涯教育」によってスキルを高めていかなくてはならない。そのためにはAI(人工知能)を人間の競争相手にするのではなく、知的支援(インテリジェント・アシスタンス)のような「IA」に変えて、職務に必要なスキルを低コストで身につけられる教育機会がすべてのひとに与えられるようにするべきだ――。

 これが、アメリカのリベラルな知識人のなかでも、もっとも優秀で誠実な一人であることはまちがいないトーマス・フリードマンの回答だ。あなたはこれを読んでどう感じただろうか。

 最初に私の感想をいおう。「バカげている」


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲著 書籍『幸福の資本論』実践読書会
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。