投資と消費の心理悪化、米中摩擦や世界経済減速で1月16日、米中貿易摩擦の激化や世界経済の減速予想などを受け、日本経済を支える「投資」と「消費」の心理が悪化の様相を強めている。特に企業の設備投資では先行指標の機械受注が急速に鈍り、慎重姿勢が鮮明化してきた。写真は都内で2016年12月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 16日 ロイター] - 米中貿易摩擦の激化や世界経済の減速予想などを受け、日本経済を支える「投資」と「消費」の心理が悪化の様相を強めている。特に企業の設備投資では先行指標の機械受注が急速に鈍り、慎重姿勢が鮮明化してきた。

 足元で下げ止まっている株価の動向次第では、心理悪化から投資と消費の「減速」に結び付くリスクが高まることになりかねない。

機械受注に投資家心理の弱さ

「これだけ先行き不透明材料が出てくると、企業は需要動向が読めず早急に必要な投資以外は控えるだろう」──。日本総研・調査部長の牧田健氏は、16日に発表された11月機械受注のデータを踏まえ、企業の投資姿勢に「警戒感」が出ていると指摘する。

 強気の数値が出ていた12月短観における2018年度設備投資計画も、3月短観では相当程度の下方修正を余儀なくされるのではないかと予想している。