イギリスのメイ首相1月17日、メイ英首相(写真)は欧州連合(EU)離脱合意案が下院で否決されたのを受け、与野党の幹部と協力して新たな合意案を探るアプローチを提案した。ロンドンで16日撮影(2019年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

[ロンドン 17日 ロイター] - メイ英首相は欧州連合(EU)離脱合意案が下院で否決されたのを受け、与野党の幹部と協力して新たな合意案を探るアプローチを提案した。

 新たなアプローチの内容や、それに勝算があるかどうかについて、以下にまとめた。

 ●メイ首相の提案内容

 首相は合意案が否決された直後の発言で、全政党の幹部らとの会談を通じ、議会の支持を得られる可能性があって「真に交渉可能な」合意案を探っていくと述べた。早急に進める必要があるとしている。

 首相は議会の全政党の党首に会談を求めた。21日に新たな対応について表明すると約束している。

 ●勝算はあるのか

 首相はこれまで貫いてきた交渉の原則を、概ね維持している。離脱派と残留派はそれぞれの立場から、この原則の中の異なる部分を拒否している。

 両派がともに尊重し、議会承認に十分な賛成を取り付けられるような方針変更は、1つとしてあり得ない。一方のグループに歓迎されるような変更を行えば、他方の支持票を失うだろう。