[パリ 21日 ロイター] - フランス政府が中国通信機器の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製品を標的に、安全保障・防衛当局にセキュリティーチェックの権限を付与する案を検討していると、仏紙レゼコーが21日、関係筋の情報として報じた。

同案は仏議会が現在討議している規制緩和に対する修正法案。一部主要国で次世代高速通信「5G」ネットワーク構築にファーフェイの製品を制限する動きが出ていることが背景。

レゼコーによると、通信各社の機器を遡及的に検査する権限を当局に与えることが修正法案に盛り込まれているという。