[ワシントン/ダボス 22日 ロイター] - カナダ当局が昨年12月に逮捕した中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)について、米司法省は22日、カナダ側に身柄の引き渡しを要請する方針を明らかにした。

司法省の報道官は声明で「孟氏の身柄引き渡しを引き続き求めるとともに、米・カナダ犯罪人引き渡し条約が定める全期日を順守していく」として、法執行に向けカナダ側の協力を要請した。

同条約によると、米国からの正式な要請を受け、カナダの裁判所が引き渡しを認める十分な証拠があるかどうかを30日以内に判断。その後、法相が正式な命令を出すことになっている。

孟氏はイランに機器を不正販売しようとした企業とファーウェイとの関係を偽った疑いが持たれている。

中国の英字紙チャイナ・デーリーは23日の社説で、米国はファーウェイを「封じ込めて」中国の技術発展を制限しようとしており、カナダは米国を助けていると批判。

「カナダが今後も米国の言いなりになるなら、貿易関係も含め、中国との関係が一段と悪化するのは確実だ」と警告した。

また、ファーウェイCFOの容疑はでっち上げであり、カナダには身柄を引き渡さないという選択肢があるとも指摘した。

中国当局がカナダ人2人を拘束したことについては、ファーウェイCFOの逮捕とは全く関係ないとの認識を示した。

*内容を追加しました。