新興国に今年も格下げリスク、注目は中南米1月21日、新興国の格付けは、世界経済の減速を受けて今年も総じて下がる方向のように見える。特に中南米諸国を巡る動きが中心になりそうだ。写真はブラジルのサンパウロで2016年撮影(2019年 ロイター/Nacho Doce)

[ロンドン 21日 ロイター] - 新興国の格付けは、世界経済の減速を受けて今年も総じて下がる方向のように見える。特に中南米諸国を巡る動きが中心になりそうだ。

 年初早々から暗いニュースが出ている。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)グローバルは先週、新興国の大口発行体の3分の1近くは現在、持続不可能な規模の債務を抱えていると警告し、アルゼンチンやブラジル、エジプト、レバノン、パキスタンなどが当てはまると指摘した。

 フィッチ・レーティングスは、今年は格付け引き上げよりも引き下げの件数が再び多くなると予想。ムーディーズ・インベスターズが格下げの可能性を見込んでいる新興国は19ヵ国と、引き上げが期待できる11ヵ国のほぼ2倍だ。ムーディーズは「より脆弱な新興国やフロンティア諸国が最も大きなリスクに直面している」と述べた。

 こうなったのは、過剰な借り入れと貿易摩擦、また一部の国が原油など価格変動が激しいコモディティ輸出に依存していることなどが重なった結果としてほとんど説明できる。