[24日 ロイター] - CNBCは24日、事情に詳しい関係筋の話として、米アップル<AAPL.O>が自動運転車部門「プロジェクト・タイタン」で従業員200人以上を削減したと報じた。

報道によると、同プロジェクトの比較的新しい経営陣のもと、社内では人員削減は予想されていた再編とみられている。

過去にアップルに勤務し、その後、米電気自動車大手テスラの幹部を務めたダグ・フィールド氏は昨年、ボブ・マンスフィールド氏と共に「プロジェクト・タイタン」を率いるためアップルに復帰した。

再編の対象となった他の従業員はアップルにはとどまるものの、他部門に異動するという。

アップルは「(自動運転車部門は)今年、複数の主要分野での仕事に専念しており、一部のグループは社内の他のプロジェクトに移り、機械学習などの取り組みを支えることになる」との声明を発表。人員削減については肯定も否定もしなかった。

*内容を追加しました。