[24日 ロイター] - 米ハードディスクドライブ(HDD)メーカーのウエスタンデジタル<WDC.O>が24日発表した第2・四半期(昨年10─12月)決算は、20.7%の減収となった。予想を上回る減少幅で、中国などでのスマートフォンの需要減速懸念を強める内容となった。

損失は4億8700万ドル(1株当たり1.68ドル)と、前年同期の8億2300万ドル(同2.78ドル)から縮小した。

売上高は42億3000万ドルと、53億4000万ドルから減った。

リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均は、売上高が42億6000万ドルだった。