[24日 ロイター] - 中国本土で利用できなくなっていた米マイクロソフト<MSFT.O>の検索エンジン「Bing(ビング)」が24日、一部のユーザーからアクセスできるようになった。「グレート・ファイアウォール」と呼ばれる中国のインターネット検閲システム内で同サービスが復旧した可能性がある。

ビングはモバイル接続とブロードバンド接続の双方で利用できるようになったが、一部のユーザーからは利用できないと報告されている。復旧が一時的か恒久的かは明らかになっていない。

マイクロソフトは23日、ビングが中国でアクセスできない状態になっていることを確認し、今後の措置を検討していると説明していた。

この件について中国サイバースペース管理局(CAC)はコメントしていない。