[25日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、傘下のワッツアップ、インスタグラム、フェイスブック・メッセンジャーのメッセージ基盤を統合し、エンドツーエンドの暗号化を組み入れることを検討していると、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が25日関係筋の情報として報じた。

基盤統合後も、3アプリのサービスは引き続きそれぞれ独自に展開されるが、フェイスブックのユーザーがワッツアップのみを利用するユーザーに暗号化されたメッセージを送ることが可能となる。

関係筋によると、統合に向けた作業はまだ初期段階にあり、完了は年末もしくは2020年初期ごろという。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)