ロンドンの議会前1月24日、メイ英首相は欧州連合(EU)離脱に対する議会の承認手続きが進まない事態の打開に向け、アイルランド国境の厳しい管理を阻止するための安全策(バックストップ)計画について、EUからさらなる譲歩を引き出すことを提案している。ロンドンの議会前で17日撮影 (2019年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

[ロンドン 24日 ロイター] - メイ英首相は欧州連合(EU)離脱に対する議会の承認手続きが進まない事態の打開に向け、アイルランド国境の厳しい管理を阻止するための安全策(バックストップ)計画について、EUからさらなる譲歩を引き出すことを提案している。

 29日には議会がメイ首相の離脱代替案を、他の議員が提出した修正案とともに審議・採決する見通し。議員からは、3月29日の離脱期限延長だけでなく、一連の手続きを進める権限を政府から議会に移譲することなどを求めるいくつかの修正案も出された。議会が主導権を握れば、ブレグジット(英のEU離脱)の阻止ないし先送り、または再交渉を望む勢力にとっては、法的な実行手段を確保できる。

 今後の流れは次のようになる。

21─29日:議員が修正案提出

 議員はメイ首相の離脱案の修正に関する提案を始めている。29日に下院議長が裁決にかける修正案を選ぶことになる。

 これまでに出された修正案は以下の通り。