[エルサレム 29日 ロイター] - イスエラエルのカハロン財務相は29日、同国で新たな半導体製造工場を建設する米半導体大手インテル<INTC.O>に約10億ドルの助成金を出すことを明らかにした。

インテルは400億シェケル(110億ドル)を投じて新工場を建設する計画。キルヤット・ガトにある製造拠点への投資の継続に向け、イスラエル政府に事業計画を提出するとしている。[nL3N1ZT2I3]

カハロン財務相は、ラジオインタビューで、インテルが100億ドルの投資で9%の助成金を受け取るとし、「ディスカウント、インセンティブが常にある」と語った。

インテルは昨年もイスラエルで50億ドル規模の生産施設拡充計画を発表し、7億シェケルの助成を受けている。