橘玲の日々刻々 2019年1月31日

「学力は教育によって無限に開発できる」というのはフェイクニュース
一般知能は77%という高い遺伝率を誇る「遺伝的な宝くじ」である
[橘玲の日々刻々]

フェイスブックの「いいね!」と「中核6項目」

 コジンスキーのアイデアは、フェイスブックの「いいね!」をこの「中核6項目」に関連づけることだった。これは、音楽の好みを使った実験がわかりやすい。

 研究者は、アメリカの大学生74人に、ビッグファイブ性格質問票に回答してもらってから好きな曲上位10曲をあげさせた。次いでその10曲をCDにまとめ、8名の判定者に聴かせて、選曲した学生の性格を評価してもらった。この実験では、判定者は学生の性別や年齢、出身地や人種などについてなんの情報も与えられていない。

 すぐにわかるように、これは音楽について「いいね!」10個を与えられたのと同じだ。

 その結果は、ビッグファイブ特徴のうち4つで、判定者の評価は学生が自己申告した性格に有意に相関していた。相関係数は開放性0.47、外向性0.27、安定性0.23、同調性0.21で、堅実性は音楽からは予測できなかった。こうした相関は低く思えるかもしれないが、判定者が音楽の好み以外なにも知らないことを考えれば驚くべきものだ。

 この高い精度をもたらしたのは、選曲者の好む音楽ジャンルと、曲の音響的特徴だという。情動の安定した学生はカントリー音楽を好んだし、外向的な学生はエネルギッシュで歌唱の多い音楽を好んだ。

 このことは、①演歌、②Jポップ、③オペラ、④フリージャズが好きなひとを思い浮かべると、自然にその人物像が浮かび上がってくることからもわかるだろう。私たちはさまざまな好みから、相手が何者かを読み取ろうとしている。初対面の異性に会ったとき「どんな曲が好き?」と訊くのは、それが相手の性格を知るよい指標になるからだ。

 コジンスキーはこのアイデアをビッグデータを使って大規模に行ない、(おそらくは)機械学習で分析し、中核6項目と「いいね!」を結びつけるアルゴリズムを開発した。その結果、SNSのデータだけでほぼ完璧に性格(人格)が判定できるようになったのだ。

 ちなみにこのアルゴリズムはケンブリッジ大学が公開しており、「Apply Magic Sauce」のホームページに自分のSNSのデータをアップロードすることで体験できる(https://applymagicsauce.com/demo)。

 残念なことに日本語には対応していないらしく、私が自分のTweetを読み込ませたところ「年齢24歳」となった。英語ベースでFacebookを使っているひとは、試してみたら面白いだろう。

 

誰もが例外なく賢い相手を高く評価する

 ミラーは、中核6項目のなかで一般知能には際立った特徴があるという。それは、誰もが例外なく賢い相手を高く評価することだ。

 古代や中世はわからないが、少なくとも産業革命以降の「知識社会」では、一般知能は相手を評価するもっとも重要な指標になった。「頭のいい」親族や友だちは社会的・経済的に成功する可能性が高く、彼ら/彼女たちと近しい関係にあることは生き延びるうえでとても有利なのだ。――これは新興国も同じで、たとえばフィリピンでは、自分の子どもよりきょうだいの子どもの成績が(際立って)高いと、その子の学費を出して自分の子には進学をあきらめさせる(これは実際にフィリピンの大家族から聞いた)。

 それに対してビッグファイブの性格には単純な優劣はなく、その代わり「類は友を呼ぶ」がはたらく。これは「引き寄せの法則」とも呼ばれていて、自分と性格特徴が似ている相手に魅力を感じる性向のことだ。

 「経験への開放性」が高いと新奇なグッズや珍しい体験に強い関心を抱き、同じように開放性が高い相手と交際したり結婚したりする。同様に、開放性が低く保守的なひとは、自分と似ている保守的な相手を選ぶ。

 なぜこのようになるかというと、自分と性格が似ている相手といっしょにいると楽しいからだ。開放性が高い者同士だと、最先端のガジェット、突飛なファッション、前衛的な音楽、芸術系の映画から海外の秘境まで、一般のひととは成り立たないような会話ができる。開放性が低い(保守的な)ひとがそんな場に紛れ込んだら、ものすごく気まずい雰囲気になるだろう。このひとたちは、アメリカンフットボール(日本ならプロ野球)をテレビ観戦しながら家族や友人とだらだらビールを飲むような関係が心地いいのだ。

 同様に、外向的なひとは活発なグループに、内向的なひとは図書館で長い時間を過ごすようなグループに入るし、同調性が高いひとは、自分たちのグループに同調性の低い(自分勝手な)人間が入ってくることを嫌う。

 私たちは無意識のうちにビッグファイブの性格特徴を理解していて、TPOに合わせて(一定の範囲で)使い分けている。「学校では真面目そうなのに、街で友だちといるところに会ったらぜんぜんちがうキャラで驚いた」というのは、誰もが思い当たるはずだ。これが「印象操作」で、子ども時代から思春期にかけて習得する必須の対人技能だ。

 相手や場面、目標に合わせてビッグファイブ特徴をあれこれ変えて提示することで円滑なコミュニケーションが成立する。これが困難だと「コミュ力が低い」といわれるのだろう。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。