[ソウル 31日 ロイター] - 韓国のLG電子<066570.KS>が31日発表した第4・四半期決算は、営業利益が前年同期比80%減の760億ウォン(6850万ドル)となり、同社のガイダンスと一致した。

同社はマーケティングコストの拡大とテレビ事業における競争激化が低調な利益の要因だとした。

売上高は7%減の15兆8000億ウォン。同社の予想と一致した。

アナリストによると、不振のモバイル事業における損失拡大も利益を押し下げた。ハイエンドのテレビセット市場での主に中国企業との競争のほか、世界的な経済への逆風がLG電子の先行きに暗雲となっているという。