株式レポート

銀行業界3Q決算:全くぱっとしないが、3~5%の配当利回りは引き続き魅力 - 金融テーマ解説

2月6日 17時33分
マネックス証券
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

・邦銀大手行の第3四半期決算は、前年同期比4.8%減益。会社の通期計画達成率は最近の中で最も低い78%。年末の市場の混乱を割り引いてもやや弱く、発表後の株価はTOPIX比やや軟調。

・銀行決算の決算は、プラスもマイナスもまとまって出る第4四半期が勝負の分かれ目。だが、今年度は与信費用も昨年度比増加し、不動産市場や投資活動も総じて鈍化しているため、楽観視はできない。

・問題は配当が維持できるか。特に高配当のあおぞら銀行は、通期予想が若干切り下げられる可能性はある。みずほ、りそなの3Q決算もやや弱かったが、会社予想通りの配当に留まりそう。

・外銀と比べても割安な邦銀は、昨年末に最悪シナリオを一旦織り込んだ今、当面の下値は限定的。配当利回りは3~5%と高く、邦銀株は引き続き長期投資対象として推奨。特に、増配に最も近いと思われる三井住友や、通期計画上振れの可能性が高く還元力もある三菱UFJに注目。

銀行業界3Q決算の進捗状況

1/30から2/4にかけ、大手行が第3四半期決算を発表した。続いて地銀の決算も4割程度が発表されているが、年末の市場の混乱を割り引いても、ぱっとしない内容となっている。

邦銀大手7行(対象銘柄は下記図表1脚注参照)の合計当期利益は2.3兆円で、前年同期比4.8%減少した。当期利益の進捗率(4月~12月累計利益の会社の通期計画に対する比率)は79%と、まずまずのようにも見えるが、過去6年間では最低レベルである(図表1)。

3Qが振るわなかったのは、12月に市場が荒れたため、外国証券やデリバティブ・ポジションの損切りを余儀なくされたことや、運用関連手数料が振るわなかったこと、海外で与信費用が増加したことなどが共通要因としてみられた。いわば悪い材料が重なった四半期だった。

これを受け、銀行の決算発表後の株価は、TOPIX対比で総じて低調となっている。銀行間の濃淡をみると、ある程度、3Qの進捗率に沿った動きがみられる (図表2)。このため、弱い3Qの業績は、株価に概ね反映されたとみていいだろう。なお、例外として、新生(8303)は2Qまで低かった進捗率を挽回したことなどが評価されたようだ。逆に三井住友(8316)は、進捗がスローダウンしたことや、事前の期待が大きかったことなどで勢いがない。

 

いずれにせよ、銀行決算は、手数料も引当金もまとまって出てくる第4四半期が勝負である。特に今期は年末にかけて株・クレジット市場が暴落し、その後復調しているため、3Q決算は本来の収益トレンドを示す指標にはならない。

… しかし、4Qで急回復の可能性は低く、一部では計画未達も

では、4Qで挽回できるだろうか。昔であれば債券の益出し等で決算を作れたが、今期はそのようなバッファーは殆どない。

それでも、進捗率が75%以上の銀行は、会社計画利益の達成にまず問題はないだろう。それ以外の銀行は微妙である。1月以降の海外市場の復調にもかかわらず、投資活動は総じて低調で、不動産市場等も大きく回復している印象はない。与信費用も、まだ安心なレベルではあるものの、前年よりは増加するとみられる。このため、進捗率が低い銀行については、会社計画の達成は楽観視できない。

配当は維持できるのか

だとすると、配当が維持できるかどうかが気になる。株価にアップサイドを求めるのが難しい環境下で、当面の投資妙味は配当利回りの高さにほぼ尽きる(図表3)。

その中で、若干注視されるのが、みずほ(8411)の動向だ。特に10~12月の収益は厳しく、今期の計画達成が不透明になっている。それでも、同行の配当維持のコミットメントは極めて高いことから今期末の配当(3.75円。通期で7.5円)はまず安泰だろう。問題は来年度である。4,000億円半ばをかけたシステムの償却負担が重い年となる。ただ、次期中計のスタートの年でもあり、なんとか配当維持の方向で踏み留まると現時点では予想する。

りそなの3Qも、不動産収益の前年比の減少や米国債のロスカットなどから弱めにみえる。関西の地銀の統合影響(会社計画では加味されていない)を除くと60%強と大手行で最も低い進捗率に留まった模様だ。他行同様、曙ブレーキ工業の私的整理申請の影響等も4Qに心配される中で、通期計画達成は微妙である。それでも、貸出の伸びや手数料収益は強く、21円の今期の年間配当に懸念はないだろう。

一方、あおぞら銀行(8304)については、もう少し弱い印象を持つ。四半期配当を行う同行は、既に、3Qの配当を前年同期比で10円引き下げた(2Qと同額の40円だが、前年の3Qは50円配当だった)。4Qの配当も計画から若干切り下げる可能性が否定できない。10円程度であれば配当利回りにそれほど大きな影響は与えない。しかし、海外ビジネスだのみで、ここから先の成長シナリオが見えにくい同行株は、仮に減配となれば売りが出やすいかもしれない。

 

世界の大手行比較でも割安:高配当から長期保有推奨。SMFG(8316)、MUFG(8306)に注目

邦銀は世界的にみて引き続き割安である(図表4)。低金利と過当競争で中長期的な収益減少が懸念されているのが主因だが、同じく低金利の欧州の銀行に比べても、さらに割安な水準にある。底割れリスクがあるとすれば、その要因は、世界的な景気後退だが、昨年末に一度最悪シナリオを織り込んだことから、当面の下値は限定的だろう。

これらの点から、引き続き3~5%の高配当狙いで、邦銀大手行の長期保有を推奨する。特に、早ければ来年度、遅くとも次期中計開始の再来年度にかけて、増配が期待される三井住友(8316)、会社計画を上振れで着地できそうで、かつ、来期初には恒例の自社株買いが期待できるなど還元力の高い三菱UFJ(8306)などに注目する。

 

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)

 ◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!

※株主優待を新設・変更した銘柄の最新情報は
 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]でチェック!

マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

わずか10円以下から株が買えるうえ、Tポイントも使える「新世代ネット証券」が登場!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SPGアメリカン・エキスプレス・カード じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン わずか10円以下から株が買えるうえ、Tポイントも使える「新世代ネット証券」が登場! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年持てる配当株
ふるさと納税
老後のおかね

9月号7月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

10年持てる配当株&優待株

●減配しない! 増配しそう! ずーっと持てる安心感
10年配当株
配当利回り1.5%以上から厳選 「10年配当度
人気高配当株30銘柄の10年配当度 激辛診断!
儲けている個人投資家5人に聞く

安定高配当株
値動きも業績も安定の大型株
・食いっぱぐれない中小型株

配当成長株
10年売上増の不景気に強い
最高益達成のニッチ分野の株

生きるだけなら2000万円はいらない! 
それでも不安な人に送る

「老後のおかね」マニュアル
年金制度は破綻はしない。ただしもらえる額は減る
・老後の収入を計算しよう! 
老後の支出を想定するには家計の把握が必須! 
備える額で安心度が変わる

10年続く株主優待37銘柄
ひふみ投信藤野英人さんなど
人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問! 

今度こそFXで儲ける!レンジ攻略で7割勝つ! 

【別冊付録・1】
2019年6月からの新制度対応! 

ふるさと納税人気7大サイト徹底比較

【別冊付録・2】
iDeCoつみたてNISAで実現
老後資金をゼロから1000万円つくる方法
------------------------------------------
【お知らせ】
定期購読者の皆様へ
台風10号の影響による定期購読誌お届けの遅れについて

------------------------------------------

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報