ママンのキッシュに感動

タサン志麻
タサン志麻
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三ツ星レストラン(ジョルジュ・ブラン)での研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店等で15年働く。2015年にフリーランスの家政婦として独立。「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。2017年2月、『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で一躍話題となり、2018年5月、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でその仕事ぶりが放映され、クール最高視聴率を記録。現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で家族構成や好みにきめこまかく応じた料理に腕をふるうほか、「つくりおきマイスター養成講座」の講師や料理教室、食品メーカーのレシピ開発などでも活動。フランス人の夫と子どもと3人で暮らす。著書に、第5回「料理レシピ本大賞in Japan 2018」料理部門で「入賞」した処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』などがある。
【タサン志麻HP】
https://shima.themedia.jp/

フランス料理店で長年働いてきた私は、
もちろんキッシュはつくったことがありましたが、
このママンのキッシュは、とてもおいしくて感動しました。

レシピを聞いてびっくりしたのが、
チーズの量の多さでした。

フランスはチーズが安くておいしいですが、
これだけたくさんのチーズを使ったら、
おいしいはずだと思いました。

日本ではチーズは高く、
なかなか再現するのは難しいですが、
手に入りやすいパイ生地や、
スーパーで買えるチーズで代用
してつくることができます。

生地を伸ばすのが面倒なときは、
生地なしで焼いてもおいしいです。

フランス人と話をすると、
必ず食べものの話で議論になります。
男性でも料理にこだわりのある人が多く、

「こうやってつくるのが一番おいしい」
「いや、自分はこうやってつくる」など、
話が尽きることがありません。

そんなこだわりのレシピを受け継ぐことができて、
とても嬉しいです。

キッシュは前菜として食べることも多いですが、
朝食やお弁当などにも使えます。

私もこれから何度もキッシュをつくって、
自分なりに改良しながら子どもたちに伝えて、
このママンのレシピを受け継いでいけたらいいなと思います。

『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』には「フランスのママン直伝のキッシュ」のつくり方とコツが掲載されています。

具体的な全レシピの写真は、第1回連載をご覧いただければと思います 。