[ボン(ドイツ) 7日 ロイター] - ドイツ連邦カルテル庁のムント長官は7日、米フェイスブック<FB.O>が対話アプリ「メッセンジャー」、「ワッツアップ」と写真共有アプリ「インスタグラム」の基盤を統合すれば、独占禁止に関する調査の対象になるとの見解を明らかにした。

長官は記者会見で、そうした動きは独占禁止に関わる問題になるとの認識を示した。ただ正式な情報がないため評価することが難しいとも述べた。