ホンダが英国とトルコでの四輪車生産を終了する計画を発表2月19日、ホンダは、2021年中に英国とトルコでの四輪車生産を終了する計画を発表した。記者会見する八郷社長、都内で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

[東京 19日 ロイター] - ホンダは19日、2021年中に英国とトルコでの四輪車生産を終了すると発表した。同日から労使間での協議を始め、両工場を閉鎖する方向で検討する。両工場で生産している主力車種「シビック」の次期モデルから、北米など他の地域での生産に切り替え、欧州地域での生産から撤退する。

 八郷隆弘社長は同日、本社で会見し、両工場での生産終了を決めた理由について「次期シビックをどこで造るか模索していた」と説明。「電動化の加速、北米と欧州の環境対応の違いなどを鑑みて決定した」と述べた。英国が欧州連合(EU)を離脱する「ブレグジットとは関係ない」と強調した。

 閉鎖するのは、ハッチバックタイプのシビックを生産する英国工場(スウィンドン市)と、セダンタイプのシビックを生産するトルコ工場(コジャエリ州)。従業員数は、英国工場が約3500人、トルコ工場が約1100人。