トランプ政権脅かすか、ロシア疑惑報告書の想定シナリオ2月25日、米大統領選へのロシア介入疑惑を捜査するモラー特別検察官が近く、バー司法長官に捜査報告書を提出する。ホワイトハウスで21日、レセプションに出席するトランプ米大統領(2019年 ロイター/Jim Young)

[25日 ロイター] - 2016年の米大統領選に対するロシア介入疑惑を捜査しているモラー特別検察官は近く、バー米司法長官に捜査報告書を提出する。

 モラー特別捜査官は、米大統領選でトランプ大統領陣営がロシアと共謀したかどうか、また、トランプ氏が違法な司法妨害を行ったかどうかについて捜査を進めてきた。モラー氏は既に、トランプ氏の側近6人を含む34人を訴追し、一部は有罪判決を勝ち取っている。

 捜査報告書の内容を巡って、想定される今後のシナリオについてまとめた。

 ●トランプ大統領自身が共謀に関与していた場合

 報告書の核心は、トランプ氏自身が大統領選でロシア政府との共謀にかかわった、あるいはロシア介入疑惑の捜査を阻むため司法妨害を行った、といった内容が盛り込まれるかどうかだ。トランプ氏はいずれも否定している。