トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長2月27日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はベトナムの首都ハノイで2回目の首脳会談を行った(2019年 ロイター/LEAH MILLIS)

[ハノイ 27日 ロイター] - トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日、ベトナムの首都ハノイで2回目の首脳会談を行った。米政府は今回の会談で平和と発展を確約する見返りに核を放棄するよう説得したい考え。米ホワイトハウスは、両首脳が28日の会談後に「合意文書」に署名すると発表した。

 トランプ大統領と金委員長はハノイのメトロポールホテルでこの日夕方、約20分間の1対1の会談を実施。その後、米国のポンペオ国務長官とマルバニー大統領首席補佐官代行、北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長と李容浩(リ・ヨンホ)外相が同席する夕食会に臨んだ。

 両首脳は夕食会に入る前、両国国旗の前で笑顔で握手。トランプ氏は記者団に対し、会談は成功すると発言。非核化問題で譲歩するのかとの記者団の質問に対しては「ノー」と答えた。

 夕食会後、トランプ氏は「すばらしい会談だった」とツイッターに投稿し、「極めて良好な対話」を行ったとした。