トランプ米大統領(写真左)と北朝鮮の金正恩、朝鮮労働党委員長2月28日、トランプ米大統領(写真左)と北朝鮮の金正恩、朝鮮労働党委員長(同右)はベトナムの首都ハノイで2日目の首脳会談に臨んだ。ハノイで撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ハノイ 28日 ロイター] - トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は28日、ベトナムの首都ハノイで2日目の首脳会談に臨んだが、非核化などで合意には至らなかった。

 ホワイトハウスは会談終了後、北朝鮮の非核化や経済問題について建設的な協議を行ったと表明。サンダース報道官は「現時点で合意には至らなかった。それぞれのチームが今後会合を開くことを期待している」とした。

 会談は予定より2時間ほど早く切り上げられた。トランプ大統領は予定を2時間ほど前倒しし、現地時間午後2時(日本時間午後4時)から単独の記者会見を行う予定。

 金委員長は28日の協議なかで、核兵器の放棄に前向きな姿勢を示し、その意思がなければトランプ大統領と2回目の会談を行っていることはないと語った。

 金委員長は核兵器を放棄する用意があるかとの記者団からの質問に対し「そのつもりがなければ、ここにはいない」と通訳を介して回答。

 金氏の発言を受けてトランプ大統領は「これまでに聞いた中で最高の答えかもしれない」などとコメントした。

 金委員長は「非核化」が何を意味するのかについては触れなかったが、具体的な措置をとる用意があるのかと聞かれると、それについては今ちょうど話し合っていたところだと述べた。

Copyright©2019 Thomson Reuters 無断転載を禁じます