中国の第13期全国人民代表大会3月1日、中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議が5日、北京で開幕する。 北京の人民大会堂で2018年12月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[1日 ロイター] - 中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議が5日、北京で開幕する。

 約3000人の代表が集まり、概ね決定事項に判を押すだけの「国会」だ。会期は約10日間。

 全人代と、今年の会議についての概要をまとめた。

 ◎議題

 今年の最優先課題は、新たな「外商投資法」を可決すること。これは外資合弁会社や100%外資系企業を規制する既存法に代わるもので、中国の投資環境を巡る海外の懸念を和らげる狙いがある。中国は折しも米国と貿易摩擦の解消に向け協議中だ。