日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が保釈3月6日、会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が午後4時半過ぎ、勾留先の東京拘置所(東京都葛飾区小菅)から保釈された。写真は東京拘置所で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が6日午後4時半過ぎ、東京拘置所(東京都葛飾区小菅)から保釈された。昨年11月の逮捕から108日目に身柄の拘束を解かれた。

ゴーン被告が乗り込んだと思われる軽自動車写真はゴーン被告が乗り込んだと思われる軽自動車(2019年 ロイター/Issei Kato)

 ゴーン被告は、顔を隠すように大きなマスクをつけ、黒縁のめがねをかけ、拘置所の職員らに囲まれながら玄関に姿を現した。つばのついた青色の作業帽を目深にかぶり、黄色っぽい安全帯ベルトのついた濃紺の作業服を着用していた。

 また、逮捕前は黒い頭髪が印象的だったが、後ろ髪やもみあげには白髪がところどころ見られた。ゴーン被告は待ち受けていた大勢の報道陣を避けるように軽自動車に乗り込み、拘置所を後にした。車は日産車ではなく、ルーフ上に脚立を積んだシルバー色のスズキの軽ワゴン車「エブリイ」だった。