パキスタン空爆のニュースを喜ぶ人々3月4日、インド軍がパキスタン領域内で先週空爆を実施したことを受け、数ヵ月後に総選挙を控えたモディ首相(写真)の支持率が急上昇している。ニューデリーで2月、パキスタン空爆のニュースを喜ぶ人々2月撮影(2019年 ロイター/Adnan Abidi)

[ニューデリー 4日 ロイター] - インド軍がパキスタン領域内で先週空爆を実施したことを受け、数ヵ月後に総選挙を控えたモディ首相の支持率が急上昇している。野党側は攻撃の実効性は疑問だと与党批判を繰り広げるが、その戦術も裏目に出ている。

モディ首相3月4日、インド軍がパキスタン領域内で先週空爆を実施したことを受け、数ヵ月後に総選挙を控えたモディ首相(写真)の支持率が急上昇している。2月撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

 宿敵パキスタンと衝突の最中なのに、自国軍の成果を疑問視しているように見られるのは危ない綱渡りだ。それでも野党幹部らは、インド軍による2月26日の空爆により「非常に数多くの」イスラム過激派メンバーが死亡したという政府が主張するなら証拠を出せ、と迫った。政府は証拠の提出を拒んでいる。

 モディ首相は3日の選挙戦演説で「わが軍が国の内外でテロリズムの鎮圧に励んでいるのに、彼らの士気をくじこうとする人々が国内にいる。敵に塩を送っている」と糾弾。野党の国民会議派などに対し「なぜ敵を利する発言をするのか聞きたい」と述べた。

 インドでは5月までに総選挙が開かれる。