コロラド州の求人フェア
3月8日、2月の米非農業部門雇用者数は前月比2万人増と、2017年9月以来約1年半ぶりの低い伸びにとどまった。コロラド州の求人フェアで2017年2月撮影(2019年 ロイター/Rick Wilking)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 2月の米非農業部門雇用者数は前月比2万人増と、2017年9月以来約1年半ぶりの低い伸びにとどまった。また101ヵ月続いている雇用拡大局面において、3番目に少ない増加幅だった。

 今回の雇用統計で注目を集めた要素は次の5つだ。

 (1)雇用鈍化は一時的か軟調トレンドの始まりか

 エコノミストや投資家の頭に浮かんだ大きな疑問は、2月の低調な雇用が特異な動きか、それとも米国の労働市場の勢いが循環的に弱まる局面に突入したのかという点だった。

 現在の空前の雇用拡大が2010年10月に始まって以来、今回よりも増加幅が小さかったのは16年5月の1万5000人と17年9月の1万8000人しかない。この2回はいずれも翌月に勢いが戻って、増加幅は25万人を超えている。