メルカリがデータ提供し、ニッセイ基礎研究所が監修する「みんなのかくれ資産調査委員会」の調査によると、かくれ資産、つまり日本の家庭に眠っている有効活用可能な不要品の1人あたり平均額は約28万円。そのうち60代以上の女性に限定した平均額は49.8万円と世代別で見て最も多くなっている。シニア層がメルカリを利用することで、サービスへの流通額拡大も期待できるということだろう。

性・世代別のかくれ資産平均値性・世代別のかくれ資産平均値(みんなのかくれ資産調査委員会のプレスリリースより)

 ただし、メルカリは年齢・世代別の利用者数を開示していない。2018年末に発表した流通総額ベースのカテゴリシェアの1位がレディース向けのファッションアイテム、2位がエンタメ関連商品、3位がメンズファッションアイテムという、シニアよりも若者向けの商品の流通が中心であることから、実態としてはまだ若者の利用が中心と考えた方が良さそうだ。

60代以上の利用者、「お金」目的は20代の半分に

 フリマアプリを始めた当初の利用目的に関する質問では、60代以上の回答で最も多かったのが「不要品の処分」で、全体の79.6%という結果だった。2位が「欲しいものをお得に購入」で51.7%、3位が「お金を得る」35.0%だった。

 これに対して、20代の回答では、「お金を得る」の回答が71.6%で1位となった。これは60代以上の割合の約2倍となる割合だ。次いで2位は「不要品の処分」67.7%、3位が「欲しいものをお得に購入」38.8%となった。また、フリマアプリ利用後の意識変化についての質問では、「社会とのつながりを感じるようになった」と回答した60代以上の利用者は20代の約3倍となった。

フリマアプリを始めた当初の利用目的(メルカリのプレスリリースより)