輸出企業ベア伸びず3月13日、自動車・電機など大手輸出型企業の賃上げがいっせいに回答されたが、前年実績割れが目立ち、中国などの海外経済の不透明感が企業経営者の判断を慎重化させた。写真は都内で2014年4月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 自動車・電機など大手輸出型企業の賃上げが13日、いっせいに回答されたが、前年実績割れが目立ち、中国などの海外経済の不透明感が企業経営者の判断を慎重化させた。他方で、非正規社員や中小企業での賃上げ幅の拡大が期待されている。

 ただ、非正規社員などの賃金底上げによる消費活性化の効果は小さいとの指摘が専門家から出ており、賃上げ─消費拡大─物価上昇ー企業収益拡大のメカニズム稼動とはならず、低成長が続くとの予想が広がっている。

収益懸念と脱官製春闘

「競争力の観点から、さらなるベースアップを行うことは、慎重に見極めなければならない」──。ホンダは、このような理由を示し、昨年を下回るベースアップを回答した。