3月19日、米金融政策に関してハト派的な見方をしている投資家は、20日までの連邦公開市場委員会(FOMC)の結果に失望することになるとともに、予想される世界的な市場の動揺へのヘッジが必要だ――。ワシントンの米連邦準備理事会(FRB)本部で撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米金融政策に関してハト派的な見方をしている投資家は、20日までの連邦公開市場委員会(FOMC)の結果に失望することになるとともに、予想される世界的な市場の動揺へのヘッジが必要だ――。ウィーデンのデリバティブ・ストラテジスト、マイケル・パーブス氏は19日、ロイターの取材にこうした見方を示した。

 パーブス氏は、政策金利を巡る米連邦準備理事会(FRB)当局者と市場の見通しには異例なほどの開きがあると指摘。FRBが近く利下げや資産買い入れを再開すると期待している投資家にとって、この開きが損失につながる最大級のリスクをはらんでいるとの見方を示した。

 同氏との一問一答は以下の通り。

─20日のFOMC終了後にFRBからどんなメッセージが出てくるとみているか。

「FRBが政策金利見通しを引き下げ、バランスシート政策の面で市場を安心させる何らかの言葉を発するというわれわれの見方に異論は乏しい。ただ私が疑問を持っているのは、(メッセージが)タカ派寄りかハト派寄りかという点だ。(たとえ)FRBが年内利上げの想定を昨年12月時点の2回からゼロにしても、依然として今の市場の金利観よりもタカ派的だろう。正味ベースでハト派のメッセージを送るには、FRBが想定利上げをゼロにした上で、さらにバランスシート政策の面で(緩和方向の)強い言葉を付け加えなければならない。それはかなりハードルが高いように見受けられる」