米ダウ平均の構成銘柄変更か、大企業の分割機に3月22日、米株価指数、ダウ工業株30種平均の構成銘柄が、近く小幅に変更される可能性がある。NY証券取引所で20日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米株価指数、ダウ工業株30種平均の構成銘柄が、近く小幅に変更される可能性がある。指数構成企業である化学大手ダウ・デュポンと航空機エンジン・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)が分社化を計画しているためだ。

 ダウ・デュポンは3社分割計画の第1弾として、4月1日に素材化学事業を分離する。ユナイテッドも3分割を計画しており、1年以内に実施する可能性がある。

 市場関係者によると、両社の一部部門が指数構成銘柄にとどまる可能性はあるが、指数運営会社はこれを機に新たな銘柄の組み入れを検討するかもしれない。

 指数を運営するS&P・ダウジョーンズ・インダイシズの広報担当者、レイ・マコンビル氏によると、4月1日までに発表を行う予定。

 指数構成企業に動きがあった場合は常に「指数を見直し、必要な変更があれば行い、実施前に公表する」という。