アップルカード3月25日、米アップルは、ゴールドマン・サックス・グループと組み、今夏にクレジットカード「アップルカード」を発行すると発表した。写真はカリフォルニア州クパチーノで撮影(2019年 ロイター/Stephen Lam)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米アップルは25日、ゴールドマン・サックス・グループと組み、今夏にクレジットカード「アップルカード」を発行すると発表した。アップル製品の購入でキャッシュバックを受けられるが、アナリストからはメリットが競合他社と比べて突出しているわけではないとの声が出ている。

 決済システム「アップルペイ」のバイスプレジデント、ジェニファー・ベイリー氏によると、アップルカードはiPhone(アイフォーン)ユーザーの「アップルウォレット」と同期し、アップルペイを通じて機能するという。

 カード保有者は自身のスマホを利用して行った全ての買い物に対しては2%の、アップル製品の購入に対しては3%の、それぞれキャッシュバックを受けられる。

 現物のクレジットカードはチタン製となり、レーザーでエッチングされたユーザー名が入るが、セキュリティー機能として数字は記載されない。購入に対してのキャッシュバックは1%となる。