[東京 28日 ロイター] - S&Pグローバル・レーティングは28日、ルネサスエレクトロニクス <6723.T>の長期発行体格付けを「BBB-」に、短期発行体格付けを「A-3」にそれぞれ1段階引き下げたと発表した。長期発行体格付けのアウトルックはネガティブ。

ルネサスによる米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)の買収が間もなく完了する見込みとなったことを受け、判断した。S&Pは、今回の買収で収益見通しの改善などプラス効果はある程度見込まれるものの、有利子負債の増加で主要財務指標が大幅に悪化し、早期の回復は見込めないなど財務悪化が大きく上回るとみている。