工場内で機械を操作する作業員4月10日、設備投資の先行指標となる機械受注は、2月民需(除く船舶・電力)が4ヵ月ぶりに増加したものの、その反発力は弱く、1─3月期が2期連続で前期比マイナスになる公算が大きい。写真は工場内で機械を操作する作業員。浦安市で2014年10月に撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 10日 ロイター] - 設備投資の先行指標となる機械受注は、2月民需(除く船舶・電力)が4ヵ月ぶりに増加したものの、その反発力は弱く、1─3月期が2期連続で前期比マイナスになる公算が大きい。中国需要減少に伴い企業が投資の延期など発注を見送っている可能性がうかがえる。通信業からの次世代通信5G投資が今後5年間で3兆円超との観測もあり、これが外需減速を補うのか、微妙な局面を迎えそうだ。

 2月の機械受注(船舶・電力除く民需)は、4ヵ月ぶりに前月比プラスとなったものの、ロイターの事前予測を下回った。造船業からエンジンなどの大型受注が押し上げ要因で、それを差し引けば、基調は弱いとの見方が民間エコノミストの中では多い。

 農林中金総合研究所の南武志・主席研究員は、機械受注の「調整色が強まっている」と予測。この先も厳しい情勢が続きそうだとし「機械受注はしばらく軟調に推移し、設備投資も頭打ち状態へと移行する」と展望している。