[10日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは10日、インターネット経由のテレビ番組配信サービス「ユーチューブTV」に、ディスカバリー、アニマルプラネットやTLCなどのチャンネルを加えるとともに、新規加入者を対象にした視聴料金を月額40ドルから49.99ドルに25%引き上げた。

グーグルは昨年2月、月額視聴料金を35ドルから40ドルに引き上げている。

ケーブルテレビの契約から、ディッシュ・ネットワーク<DISH.O>の「スリングTV」やAT&T<T.N>の「ディレクTVナウ」や「フールー」などがネット経由で提供する番組へと、視聴者の乗り換えが進んでいることを背景に、グーグルも提供する番組を増やしている。

ユーチューブTVは今後、トラベルチャンネル、HGTV、フードネットワークなど8チャンネルを加えてチャンネル数は全部で70を超える。

既存加入者についても5月13日から新料金が適用される。