[ワシントン 10日 ロイター] - 米国防総省は10日、クラウドシステム導入に向けた競争入札企業として、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>とマイクロソフト<MSFT.O>を選定したと明らかにした。受注総額は100億ドルに達する可能性がある。

国防総省の報道官は、両社が提案依頼書における最低要件を満たしたことを確認した。

これにより、オラクル<ORCL.N>とIBM<IBM.N>はこのプロジェクトの受注獲得競争から外れることになる。

7月中旬にも契約企業が決定する見通しという。

国防総省は昨年、このクラウドシステム導入の契約期間は10年以上で、契約規模は100億ドルに達する可能性があると説明していた。

この契約を巡ってはオラクルが、アマゾンの元社員が国防総省でこのプロジェクトに携わり、その後同省を離れてアマゾンに戻ったことに対して、懸念を示していた。