アメリカと日本国旗4月17日、16日に終了した初の日米通商交渉は、日米間の溝が大きく、来週の次回交渉に実質的な進展を先送りした。ただ、短期間のインターバルで再交渉に臨んでも、合意が見えてくるのかは不透明。来週後半の日米首脳会談での決断に委ねられたもようだ。写真はニューヨークで2016年11月撮影(2019年 ロイター/Andrew Kelly)

[東京 17日 ロイター] - 16日に終了した初の日米通商交渉は、日米間の溝が大きく、来週の次回交渉に実質的な進展を先送りした。ただ、短期間のインターバルで再交渉に臨んでも、合意が見えてくるのかは不透明。来週後半の日米首脳会談での決断に委ねられたもようだ。

 とはいえ、両国間の主張のかい離が、事務的な積み上げなしに首脳同士の話し合いで埋まるのか。市場に漂う楽観論とは裏腹に、首脳会談における通商分野の議論は予断を許さない。

 ある政府関係者は、今回の交渉について「日米が双方の主張を聞き、そのまま終了した格好だ」と話す。議論は実質的に来週の日米首脳会談に先送りされたと言える。

 ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との会談を終え、16日にワシントンで会見した茂木敏充経済再生担当相も「個別の項目については、現時点で合意していない」と述べた。