日銀
4月18日、日銀は17日公表した「金融システムリポート」で、金融システムに対する警戒レベルを一段引き上げた。都内で1月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 日銀が17日に公表した「金融システムリポート」は、低金利環境の長期化を背景に金融機関が積極的にリスクを取っている一方、地域銀行を中心にリスクに見合った収益が確保できず、自己資本比率とストレス耐性が低下しているとの分析結果を明記した。

 金融システムに対する警戒レベルを一段引き上げたと言え、バブル期とは違ったかたちで不均衡が蓄積されていることに対し、日銀が警戒感を強めていることが鮮明になった。

 今回は、新たに5年後に発生したショックへの耐性をチェックするテスト結果も公表。5年後をメドに経営指標の改善を求める日銀の姿勢が透けて見える。

 日銀は同リポートで、日本の金融システムの現状に対し「安定性を維持している」としつつ、さまざまな分析結果をもとに、金融システムリスクが多方面から蓄積されつつあることを指摘した。

 分析の中で最も特徴的なのは、リーマンショック級のイベントが発生した場合のストレステストについて、これまでの足元に加えて5年後に発生したケースも新たに示したことだ。