5G4月17日、アップルとクアルコムは、足かけ2年に及んだ特許料を巡る係争を互いに打ち切ることに16日合意した。独ハノーバーで3月撮影(2019年 ロイター/Fabian Bimmer)

[サンフランシスコ 17日 ロイター] - アップルとクアルコムは16日、足かけ2年に及んだ特許料を巡る係争を互いに打ち切ることに合意した。インテルは同日、スマートフォン向けの次世代通信規格「5G」モデム事業から撤退すると表明。これらは、携帯電話の5G移行が進もうとしている中で起きた出来事だ。

 5G移行を巡る現状と今後予想される展開は以下の通り。

 ●5Gとは何か

 5Gは無線通信の新技術で、現行の規格である4Gに比べて速度が最大100倍になる可能性がある。米国や中国、韓国などで年内に導入される予定だが、広く普及するのは来年以降になるだろう。モデムチップは、スマホとネットワークを接続する機能を持つ。

 ●5G用モデムの生産者は

 16日以前の段階では、クアルコムとインテル、台湾のメディアテック、中国の華為技術(ファーウェイ)、サムスン電子の5社が5G用モデム生産計画を表明していた。ただサムスンとファーウェイは、自社のスマホ向けの製造に専念する。